在宅訪問診療

在宅訪問診療では専門的な治療を
ご自宅で受けることができます

「家族に迷惑をかけるのではないか?」
「設備がないから専門的な治療はできないのではないか?」
「自宅では何かあったとき何もできないのではないか?」

このような不安から多くの患者様は入院での治療を希望します。
入院での治療の方が安心できると思う方は多いと思いますが、在宅医療に特化した医療機器があり、在宅訪問診療でも専門的な治療を受けることができます。

家族に囲まれ安心できるご自宅に、医師が訪問して治療にあたります。
また、ご要望に添えるよう、重度な患者様の受け入れから緊急対応、ご自宅での看取りまで、24時間体制でサポートさせていただきます。

通院が困難な方やご自宅で療養されたいという方の要望に応えます

在宅訪問診療とは、患者様が医院に通うのではなく、医師が患者様のもとにお伺い治療にあたるというものです。通院が困難な方やご自宅で療養されたいという方の気持ちを最大限反映した治療を行います。

当院では患者様とご家族の方の生活が豊かなものとなるためのサポートを行います。

  • 継続した治療が必要だが通院することが困難な方。
  • 住み慣れたご自宅での療養を希望している。
  • 最期の時間は家族で過ごしたい。

この様にお考えの患者様やご家族の方は、お気軽にご相談ください。

当院の在宅訪問診療3つの特徴

  1. ご自宅でがんの治療が可能です。

    がんは長い期間入院して治すもの。
    難しい病気だから在宅での診療は不可能。

    そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、当院では、がんの治療を訪問診療で行うことが可能です。
    抗がん剤の投薬や,お食事が困難な方への点滴・輸液、がんの方へ苦痛の緩和や、鎮痛のための麻薬処方等、ご自宅でも医療機関と変わらないレベルでの対応を行っております。
    安心できるご自宅で心を落ち着かせながら治療に専念することができます。

    ご自宅でがんの治療が可能です。
  2. ご自宅でも医療施設と変わらない対応が可能です。

    ご自宅でも医療施設と変わらない対応が可能です。

    がん以外でも投薬や点滴、各種検査により診察・治療が可能です。
    慢性的な疾患をお持ちの方は、定期的な訪問診療により症状の改善を目指します。

    住み慣れたご自宅での生活スタイルのまま、患者様やご家族の方が納得の上での治療ができ、もし病院への受診や入院が必要になった場合には即座に手配することができます。

  3. 落ち着ける環境で最期を迎えることができます。

    住み慣れた環境で最期を迎えたいという方にはご自宅での緩和ケアを行っております。
    ご家族の方の負担の軽減や、患者様の安心に繋げることができ、また、最後は病院などで迎えたいと考えている方でも、それまでの期間を在宅診療で不安なく過ごしていただくことが可能です。

    落ち着ける環境で最期を迎えることができます。

訪問診療の内容

当院の在宅訪問診療では次のような対応が可能です

  • がん等による疼痛や苦痛の緩和(注射・内服・貼付剤)
  • 呼吸不全に対する酸素療法等
  • 食事摂取不能に対する経管・胃瘻・中心静脈からの栄養療法管理
  • 人工肛門や尿管カテーテルの管理
  • 褥瘡(床ずれ)の予防、治療
  • インスリン等の在宅自己注射管理
  • ※ その他、病院で行われる処置や検査に対応します。

訪問診療の流れ

  1. まずはお電話にてご相談下さい

    まずは当院へ直接お電話下さい。

    まずはお電話にてご相談下さい
  2. 診療計画を決定
    患者様の状態を医師と話し合い、診療計画を決定します。訪問診療についてのご同意を頂いた後、初回の訪問日を予約します。
    診療計画を決定
  3. 初回訪問診療
    訪問診療を開始します。
    その後、医師が定期的に訪問します。
    初回訪問診療
このページのトップへ

費用について

下表は費用負担分の概算です。
標準負担額は月2回訪問及び24時間緊急体制に対する1ヵ月あたりの負担金額です。

料金表

  • ※ 公費負担を受けられている方は、医療費は公費でまかなわれます。
  • ※ 院外処方となりますので、薬剤費は別途必要です。(通院の場合と同様です)
  • ※ 薬剤は近隣の薬局から配達させていただきます。
  • ※ 費用は翌月の訪問日にお支払いいただきます。
  • ※ 交通費はいただいておりません。

要介護認定を受けられている方の場合は介護保険も適用されています。

このページのトップへ

対応エリア

在宅訪問診療が可能な地域は以下の通りです。

対応エリアマップ

岡山市内全域、近郊にも対応します。

このページのトップへ