血液内科

血液内科ってなに?

血液内科とは血液疾患を専門に治療する診療科です。

当院の血液内科では、健康診断で白血球・赤血球・血小板数異常などから血液疾患が疑われた方や、他の医療機関で血液疾患と診断された方を対象として幅広く診療を行っています。

具体的には、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性腫瘍、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群などの血球をうまく作れなくなる病気、血小板減少症や血友病などの出血しやすく、血が止まりづらい病気などがあります。

次のような症状を扱っております
  • 白血球が多い・少ない
  • 赤血球が多い又は少ない
  • 血小板が多い・少ない
  • リンパ節の腫大
  • 脾臓の腫大、出血しやすい
  • 血が止まりにくい
  • 連日すごい量の寝汗をかく
  • 造血幹細胞移植が必要と言われた

専門病院と変わらない治療をクリニックで

血液内科で扱う疾患の多くは、いわゆる難病と呼ばれる病気や造血器腫瘍であるため、専門医でなければ医療機関であっても敬遠されてしまうことがあります。たとえば風邪をひいて少し調子が悪いといっただけでも近くのクリニックでは診てもらえないということが多々あります。

当院の院長は、日本血液学会認定血液専門医であり、勤務病院でも様々な血液疾患を持つ患者様の診療を行なってきているなど十分な経験と実績を持っております。

もちろん、急性白血病などの専門施設で入院が必要な疾患もありますが、そういった疾患の治療後の定期的なフォローは当院で可能です。

また、慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫など疾患によっては点滴注射や内服の抗癌剤で病気をコントロールすることも可能ですし、必要であれば輸血にも対応しております。

その他、良性の血液疾患(多血症や再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病など)の進行度によっては定期的な投薬治療などで対応可能です。
健診などで血液疾患を指摘された方、遠方の専門病院まで通院していた方など是非当院までご相談下さい。

専門病院と変わらない治療をクリニックで
このページのトップへ

慢性骨髄性白血病

症状

慢性骨髄性白血病(CML)は、この造血幹細胞の遺伝子に異常が起こり、発症します。
慢性期では、血球が必要以上に作られることにエネルギーが費やされ、体重減少や微熱を呈したり、左上腹部にある脾臓が大きくなり、腹部膨満感や胃の不快感を訴えることがあります。しかし、多くの方は自覚症状に乏しく、健康診断などで偶然に発見されることがほとんどです。
急性期に進行すると、未熟な細胞が増加し正常な血球が減少します。その結果、貧血・感染症・出血など急性白血病と同様の症状がみられます。また、急性期では発熱・骨の痛み・肝臓・脾臓のはれなどもみられることがあります。

当院での治療
慢性期の治療は、チロシンキナーゼ阻害薬には大きく3種類あり、それぞれの患者さんに合わせて薬剤を選択します。これらの薬剤の効果は非常に高く、長期成績が明らかになっているものでは、治療開始8年後でも90%以上の人が急性期に移行せず元気に生活しています。チロシンキナーゼ阻害薬を服用すると皮膚の発疹・目の周りの腫れ・むくみ・吐き気・下痢・筋肉の痛み・肝臓や腎臓の機能の低下などが起こることがあります。他に、薬剤に特有の副作用として、ダサチニブでは胸水や腸炎、ニロチニブでは血糖値の上昇や膵炎、心機能障害などが知られていますが、適切な対処を行うことにより、ほとんどの場合は問題なく内服可能です。
このページのトップへ

急性白血病

症状

急性白血病になると、「血液細胞の種」である造血幹細胞が様々な細胞に成長していく過程で異常が起こり、細胞が成長をやめてしまいます。この成長をやめた細胞(白血病細胞または芽球と呼びます)が骨髄中で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。その結果として正常な血液細胞が造られなくなり、治療をしなければ短期間でヒトの命を奪うことになります。症状としては、造血機能障害による貧血症状、白血球(主に好中球)が減少することによって発症する感染症による症状(発熱や咳嗽など)、血小板減少による出血傾向が、急性白血病の主な症状となります。時には肝臓、脾臓、中枢神経(脳や髄膜)、歯肉などに白血病細胞が浸潤することがあり、腹満感、頭痛や神経麻痺、歯肉腫脹を自覚することもあります。

当院での治療
治療は抗がん剤による化学療法であり、急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病で使用する薬剤は大きくことなります。最初に行う化学療法は寛解(顕微鏡検査で白血病細胞がみられなくなること)を目指すため、寛解導入療法と呼ばれます。寛解となった場合でも地固め療法や維持療法といった化学療法を繰り返し行い、根治を目指します。途中で中止すると再発する可能性が高くなります。
基本的には入院での治療が主体となりますが、当院では輸血や顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF;白血球を増やす薬)などの支持療法を行うことが可能です。
このページのトップへ

悪性リンパ腫

症状

症状としては、リンパ節の腫大が最もよく認められる症状です。体の表面から触ることの出来る首、腕の下、足の付け根に腫瘤として自覚されます。リンパ節は体の中にもあるので、それらのリンパ節が増大すると、増大する部位による症状を認められることもあります。また他の臓器に直接腫瘤をつくって症状を起こすことがあります。そのため、血液内科以外の診療科で診断されることも少なくありません。

当院での治療
悪性リンパ腫の治療は悪性リンパ腫のタイプ、病気の進行(=病期)によって異なります。また、治療には比較的副作用が少なく比較的体力の少ない患者さんでも行うことが出来る治療から多剤併用化学療法や造血幹細胞移植のように患者さんにとって大変負担になるような治療まで様々です。悪性リンパ腫の治療はこれらを総合して決められるので、同じ悪性リンパ腫であっても治療が異なることがあります。
このページのトップへ

多発性骨髄腫

症状

多発性骨髄腫は形質細胞の無秩序な増殖とM蛋白の増加に伴う症状がみられます。ただし初期には自覚症状はなく、血液検査などの検査所見の異常で見つかることも少なくありません。
骨病変、腎臓の機能低下、貧血、その他、頭痛、視覚障害、皮膚や粘膜からの出血などの症状がみられる過粘稠度症候群などの合併症がみられることもあります。

当院での治療
原則として症状のある多発性骨髄腫の場合、治療を開始します。無症候性骨髄腫の場合には、定期的に経過観察をして症候性骨髄腫となった時点で治療を開始するのが一般的です。
初回の治療ではおもにベルケイド+デキサメタゾン、あるいはさらにエンドキサン、メルファランなどの抗がん剤を併用した治療を行います。初回治療で十分効果がえられなかった場合、再発した場合にはサレド、レブラミド、ポマリストなども治療に用いられます。さらに新しい薬剤の開発も進んでおり、今後も治療の選択肢が広がっていくことが期待されます。
このページのトップへ

再生不良性貧血

症状

再生不良性貧血とは、骨髄にある造血幹細胞と呼ばれる血液細胞の種が減少することにより、白血球、赤血球、血小板といった血液細胞のすべてが減少する病気です。白血球が減ることによる発熱や咳などの感染症の症状、赤血球が減ることによる体動時の動悸、息切れ、疲れやすさ、頭重感などの貧血症状、血小板減少による易出血性(ぶつけた記憶がないのにアザができやすい)、鼻出血や歯肉出血などの出血症状が出てきます。
再生不良性貧血は厚生労働省から難病に指定されています。所定の手続きを経て申請が受理されますと、医療費の補助を受けることができますので、詳細は医師にお尋ねください。

当院での治療
再生不良性貧血の治療は、その重症度により異なるために、診断がついた時点で重症度を判定することから始まります。治療法には輸血や顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF;白血球を増やす薬)などの症状の緩和を目的とした治療と、蛋白同化ステロイド療法、免疫抑制療法、造血幹細胞移植などの造血の回復を目指した治療があります。軽症・中等症例では無治療で経過観察しますが、汎血球減少の進行例では免疫抑制療法(シクロスポリン)や蛋白同化ホルモンの対象となります。
このページのトップへ

骨髄異形成症候群

症状

骨髄異形成症候群(MDS)とは、骨髄中の造血幹細胞に異常が起き、正常な血液細胞が造られなくなる病気です。正常な血液細胞が減少することで、貧血、出血傾向、感染に伴う発熱などの症状が現れます。一人前の細胞になる途中で血液細胞が壊れてしまう「無効造血」や、造られた血液細胞の形が異常になる「異形成」といった特徴が認められます。また、一部の患者さんでは、MDSが進行し「芽球」と呼ばれる未熟で異常な細胞が増える「急性白血病」に移行することがあります。

当院での治療
MDSの治療は白血病へのリスクによって治療法が異なります。低リスクであれば輸血療法、高リスクであれば移植治療などを行いますが、移植治療が難しい高齢の患者さんではビダーザによる抗がん剤治療を行います。一部の患者さんではレブラミドが著効する場合があります。
このページのトップへ

多血症

症状

多血症は100万に数人の割合で発症するまれな病気で、なぜ起こるかはいまだに分かっていません。多血症は無症状で、健康診断などで偶然、検査異常値として発見されることが多いです。しかし、病気が進行すると、赤血球の数が著しく増加するので、皮膚が赤くなる(特に顔の皮膚:赤ら顔)、眼の結膜が充血する、入浴後に全身がかゆくなる、血圧が高くなるなどの症状や所見が認められるようになります。また、赤血球が著しく増えると、血液の流れが悪くなり、頭痛、耳鳴り、めまい、視界のゆがみ、手や足の冷感や痛みなどの症状が現れます。

当院での治療
当院では赤血球の数を減らす治療をします。瀉血(しゃけつ)といって、献血と同じように、約400mlの血液を抜き取ります。しかし、赤血球の増加が著しく瀉血が頻回になる場合、血栓による症状や既往がある場合、高齢者(70歳以上)である場合には、内服の抗腫瘍薬であるハイドロキシウレアを投与して、赤血球数を低下させます。
このページのトップへ

特発性血小板減少性紫斑病

症状

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、血液中を流れる血小板が免疫の異常により減少し、出血しやすくなる病気です。ITPは急性型と慢性型に分類されます。急性型は風邪をきっかけに小児に発症することが多く、その9割が自然に治ります。一方、成人では、血小板数の減少が半年以上続く慢性型が多く発症します。国内には約2万人の患者さんがおり、厚生労働省から難病に指定されていますので、所定の手続きを経て申請が受理されますと、医療費の補助を受けることができます。
症状としては、唯一出血が挙げられます。その程度は個人差がありますが血小板数と血小板減少の進行の速さによって規定されます。血小板数が2万/μL以下に減少するとぶつけてもいないのに手足にあざができやすくなります。重症な場合には鼻血、歯ぐきからの出血を認めます。この様な場合にはすぐ受診をする必要があります。

当院での治療
小児に多い急性ITPは半年以内に約9割は自然軽快しますので、出血傾向が強くなければ経過を観察します。成人に多い慢性ITPでは、ピロリ菌感染が見られる患者さんに対し、特別な胃薬と抗生物質を1週間服用し、ピロリ菌を除く治療をすると約半数で血小板が増加します。また、副腎皮質ステロイドやレボレード・ロミプレート(トロンボポエチン受容体作動薬)で治療を行います。
このページのトップへ

本態性血小板血症

症状

本態性血小板血症(ET)は、ほとんどが無症状で、健康診断などで偶然、検査異常値として発見されることが多いです。約1割程度の症例で出血症状と血栓症状の両方がみられます。
また、ETでは、血小板が増えすぎることで、逆にその機能が低下し、鼻血やはぐきに血がにじむ、あざになりやすいといった出血傾向がみられることもあります。出血症状があっても、脳出血などの重い合併症を起こすことはまれですが、血栓症状があると、時に心筋梗塞や脳梗塞のような重大な合併症を起こすこともあります。

当院での治療
ETでは、血小板の数が100万/μlを超えるような場合には、アスピリンやチクロピジンなどの抗血小板薬(血小板の機能を低下させる薬)を投与して、血小板のはたらきをおさえます。また、血栓による症状や出血傾向を認める場合や、高齢者である場合には、経口抗腫瘍薬であるハイドロキシウレアを投与し、その数を減らします。なお、ハイドロキシウレアを服用している場合には、足の皮膚に潰瘍(かいよう)ができる副作用に注意する必要があります。
これらの治療では、病気そのものを治すことはできませんが、コントロールすることによって、合併症(症状)の起こるリスクを減らすことができます。またETは、予後は比較的良好ですが、長い経過の中で骨髄線維症に移行することがあります。
このページのトップへ